企業や自動車でも活用されている自動制御機能|人的要因も防げる

スーツの人
  1. ホーム
  2. 農家の収入増加へ

農家の収入増加へ

ソーラーパネル

仕組みをご紹介します

ソーラーシェアリングはほとんどの方にとって聞きなれない言葉ですが、畑などの耕作地の上にソーラー発電の架台を設置して、太陽光発電を行うものです。しかし、それだけでは普通のソーラー発電なので、ソーラーシェアリングではソーラーパネルを隙間を空けて並べることで、農作物にも必要な太陽光が確保できるようにしています。このように、ソーラー発電と農業でそれぞれ太陽光のパワーを分け合っていることから、ソーラーシェアリングと呼ばれるようになりました。ソーラーシェアリングは2005年に特許公開されたために、誰でも無償でこの仕組みを使うことができます。これにより、農家の方が農業以外の収入として、ソーラー発電の売電による利益を得ることが可能になります。

植物に必要な太陽光とは

ソーラーシェアリングで多くの方が心配されるのが、農作物にとって必要な太陽光を確保できないのではないかということです。しかし、植物には、これ以上の太陽光を浴びても光合成が増えない上限のポイントがあります。そのため、その上限のポイントを守りながらソーラー発電を行うことで、農作物にとってデメリットが生じることがありません。ソーラーシェアリングの最大のメリットは、農家の方にとって収入増加のチャンスが増えることです。今まである農地にソーラーパネルを設置するだけなので、必要な費用はソーラーパネル設置に関連するものだけになります。もちろん、どこにでも設置すれば良いという訳ではなく適した場所に設置する必要がありますので、専門業者と相談しながら進めていきましょう。