農業と太陽光発電活用|企業や自動車でも活用されている自動制御機能|人的要因も防げる

企業や自動車でも活用されている自動制御機能|人的要因も防げる

スーツの人
  1. ホーム
  2. 農業と太陽光発電活用

農業と太陽光発電活用

婦人

節約できる

ソーラーシェアリングは、農地で太陽光発電を行うというものであり、従来は禁止とされていたが2013年に農林水産省から認められたことで導入するケースが増えているものである。ソーラーシェアリングでは、農地の上部に太陽光発電施設を設置するものとなる。その為、同じ土地で作物を栽培しながら発電が可能となる。農業を行う際には、ビニールハウス栽培を併設しているケースも多く、ビニールハウス栽培では多くの電力を必要とする。その為、ソーラーシェアリングを活用し発電する工夫を行うことで、それらの栽培における光熱費を抑えることが可能になる。

農作業もしやすくなる

ソーラーシェアリングの人気により導入する農家が増えているが、導入する背景がある。農業では農作物の不作などにより、収入が大幅に減るリスクがある。ソーラーシェアリングを活用することで、少しでも光熱費を抑えることが出来るためそれらを回避できる可能性が有る。その為、農業での収入の不安定さを少しでも解消することができるだろう。また、農地の上部にパネルを設置することで、夏場の日よけに利用できるということもある。農作物の栽培では、太陽が過剰に当たり過ぎることは良くないとされている。その為、太陽光パネルを設置することで太陽光を和らげることができ、農作業もしやすくなる。設置をする際は事前に設置箇所を決めておき、業者に依頼することで適切な場所に置いてもらうことが出来るだろう。このため、相談する業者選びも専門業者に頼むために重要であるといえる。